法務・法律・労務系専門資格について

法務 労務 資格よく知られている資格の中で、就職・転職やキャリアアップの際の履歴書上でのアピールポイントとして有利な分野といえば、法務・法律・労務関連の国家資格や認定資格だと思います。
やはり、他の資格に比べると難易度は高くなるし、実務経験を積んだりさらに上級の資格を複合取得して、将来の独立や開業のために準備するという方法も考えられます。

この厳しい経済状況の中、思いもよらなかった企業が倒産したりと、
人生いつ何が起こるか誰も予想できません。
そのためには、若い時から先の事を考え、計画的に準備しておくべきです。

法務・法律・労務関連の資格で独立は可能?

確かに、法務・法律・労務関連の資格を取得すれば、
他の資格に比べると独立の可能性は高くなります。

しかし、資格を取得したからと言って簡単に独立できるわけではありません。
もっとステップアップした上級の資格を取る必要があるかもしれません。
他の資格も併用して取得する必要があるかもしれません。
実務経験を何年も積む必要があるかもしれません。

人的ネットワークをもっと広げる必要があるかもしれません。
要は、本人のやる気と熱意が最後の大きな力となります。
そして、何事も行動を起こさないと始まりません。

当サイトでは、法務・法律・労務系のお勧め資格についての情報や、
通信講座・スクール情報をご提供しています。
就職・キャリアアップ・転職を目指す方にとって、
少しでもお役に立てれば幸いです。

お勧めの法務・法律・労務系資格/司法書士

司法書士・資格情報

司法書士とは、例えば、会社設立の為に提出する申請書類や提出物、
土地や建物の場所・所有者の氏名・担保権等の権利を記載する
登記簿謄本などを、作成したり登記手続きを代行してくれる専門家です。

お勧めの法務・法律・労務系資格/行政書士

行政書士・資格情報

もし、自分で飲食店を開業したいと思ったら、保健所や警察署への必要書類や
営業許可書を申請する必要があります。
しかし、個人では手続きがよくわからなかったり、様々な準備に時間を取られ
思うように事が進まない場合が多いです。
そして、本人に代わって書類作成や代理届出をしてくれるのが行政書士です。

お勧めの法務・法律・労務系資格/中小企業診断士

中小企業診断士・資格情報

中小企業診断士の資格とは、中小企業支援法に基づいて、
経済産業大臣が登録する"経営コンサルタント"としての唯一の国家資格です。
中小企業に対する経営コンサルタントの仕事がメインで、ニーズも高い資格です。

お勧めの法務・法律・労務系資格/社会保険労務士

社会保険労務士(社労士)・資格情報

社会保険労務士(社労士)とは、"人事や労務管理・年金問題等のスペシャリスト"
特に高齢化問題や年金制度への不安が社会問題化している現在、
社会保険労務士の資格は注目されている国家資格の一つです。

お勧めの法務・法律・労務系資格/通関士

通関士・資格情報

海外から貨物を輸出入するときには、まず財務省が管轄する税関に
申告書を提出し、輸出入の許可を受ける必要があります。
そして、例えば輸入の許可を受けた後には関税を税関に納める必要があり、
その際行う通関手続き業務を、輸入者や輸出者に代わって行うのが通関士です。
国際貿易関連の資格では唯一の国家資格なので、
就職や転職には非常に有利な資格です