通関士の資格・検定試験情報

通関士通関士という言葉はよく聞いた事があるけど、実際に何をしている人かを説明できる人は、そんなに多くはないのでは?

皆さんが、海外から商品を買って
輸入したとします。
そうすると、まず財務省が管轄する税関に申告書を提出し、輸出入の許可を受けなければなりません。

輸入された荷物は、一旦保税倉庫に納められます。
そして、提出した申告書に基づいて、税関の担当者が審査をして、
その商品に対しての輸出入許可を出します。
又、輸入の際には関税がかかるので、その関税を税関に納める必要もあります。

この輸出入に関わる一連の流れを通関手続きと言い、
その通関業務を一般の輸出入者に代わって行う専門家を、通関士と呼びます。

また、"通関士"の資格は、国際貿易関連の資格では唯一の国家資格なので、
就職・転職・キャリアアップにも非常に有利な資格になると言う事です。

通関士の主な仕事

通関士の仕事として、大まかには下記のような業務を行っています。

  • 通関手続きの代理
  • 通関書類作成代行
  • 関税計算書等の審査
  • 不服申し立ての代理
  • 税関に対する主張・陳述の代行

通関士の検定試験概要

下記が、通関士の検定試験概要になります。

受験資格年齢・性別・学歴・実務経験に関係なく、誰でも受験可能
資格の種類国家資格
試験期日年1回、例年10月上旬~中旬
試験内容1.通関業法
(択一式/選択式)
2.関税法、関税定率法その他関税に関する法律
及び外国為替及び外国貿易法
(択一式/選択式)
3.通関書類の作成要領とその他通関手続きの実務
・通関書類の作成要領
(択一式/選択式/計算式)
・その他通関手続の実務
(選択式/計算式)
試験方法マークシート方式